EAL: 第4回「スモール・アニメ制作」 | 坂野友軌 [BANNO Yuki]_web

EAL: 第4回「スモール・アニメ制作」

投稿日:2018年11月10日

 

今回はいよいよアニメーション制作を振り返ります。
個人主体だからこその、シンプルで身軽な手順を模索しました。

仕事で覚えた分けない作法

 

CGアニメーターのワークフロー

こちらは、CGアニメーターの一般的なワークフローです。maxやmayaなど、3DCGソフトによるモーション作業と、AEでのコンポジット作業に分けられます。チェック工程に応じて、3Dソフトのほうでは、レイアウトであったり、プライマリであったり、段階を分けることもありますが、個人的には最初から完成品を目指して動きをつけ始めます。髪や顔のないロボット物は特に顕著ですが、2つの工程だけで、コンテの状態から、ほぼ完パケの状態まで作りきります。工程を何段階にも分けない分、あらゆることを同時に検討しつつモーションを詰められると同時に、締め切り間際でも修正を容易にできます。

個人で自主制作をするにあたって、これをベースに、3Dソフトをクリスタ(CLIP STUDIO PAINT)に置き換えるワークフローを考えました。『滞留して沈黙』で用いたワークフロー

今まで自分の作品であれば、原画・動画を分けて、スキャンした後に彩色を経て、といった手順でしたが、クリスタであれば、作画から彩色までひとつのソフトで出来ます。セルと背景の画像データを出力出来さえすれば、ワークフロー的には3Dソフトとほぼ変わらない役割が果たせるので、このようにワークフローが組めます。3Dに比べれば出力に時間がかからないので、より身軽に工程を戻ることもできます。
ひとまずは作画手順から振り返っていきたいと思います。

 

作 画

 

コンテ撮gifコンテ状態

ラフ原gif

原画的なもの ※この時点から、2倍の3200×1600pxで作業してます(スタンダードサイズだと、あとでスムージングをかけても、絵が荒れるため)。

動画的なものgif枚数とコマ打ちまで決めて、髪の揺れまでつけた段階

 

作画完了状態gif

 

カゲを足して彩色準備を終えた状態。

 

振り返れば、意外と手順を踏んでいました。

四肢の動きを決めてから揺れ物の動きをつけるあたりは、CGアニメのプロセスに寄せています。
手順が多いとはいえ、一旦決めた動きも段階を追うごとに少しずつアップデートしています。ああでもない、こうでもないと、工程を行ったり来たりできることが重要でした。

また、これもデジタル作画の恩恵ですが、モーションをつめる段階から、気になるところは色をつけて、カゲもトーンを確認しながら作業が行えます。これは、動きが見やすくて、僕のような未熟者にはありがたいことです。また、出力を見据えて、レイヤー構造がとても重要になってくるので、ちょっとキャプチャした動画を埋めておきます(説明も動画内でしています)。

この時点で彩色工程も半分ほど終えた状態になっているので、スキャンやゴミ取りが必要なアナログに比べると、このあたりは明らかにデジタルの利があります。

 

コンポジット

このタイミングで、先んじて素材を組んでしまいます。ムービーに書き出してみないと、動きが本当に問題ないかも確認できませんし、彩色に渡すために、確認用のムービーが必要だからです。

まずはクリスタから素材を出力します。

アニメーション出力ダイアログレイヤー名にアンダーバーをつけておけば、連番管理がしやすい件

上画像のアニメーションセル出力に加え、タイムシート出力も行っておきます。

 

AEのほうには、あらかじめキャラクター別に組んであるコンポデータがあるので、素材だけ置き換えたり、ないものは追加します。

AE_素材置き換え

素材は以下のように組んであります。

AE_キャラセル_組み方

スタンダードサイズのコンポをプロキシ出力したりすれば、AE内の動作も軽くなります。色変えはPSOFTのP-ReplaceColorを使用しましたが、フリーのもの(bry-fulさんのF’s Pluginsや、渡邉 賢悟さんのKW_effectsなど)でも大丈夫です。

あとは、全体の合成用コンポに読み込んで、タイムシートを読み込みます。

ランチャーから使ったスクリプトはこれです。

bs_sheetRemap.jsx

素人ながらに自分で作りました。クリスタから出力したCSVファイルを、AEに読み込んでタイムリマップに変換する代物です。
次回、自作スクリプトを取り上げる予定なので、そこでもう少し詳しく説明しようとは思いますが、概ねこちらの動画(https://youtu.be/umE-cs-RD0w)の通りです。好きに使ってください。

あとは出力しておけば、とりあえず彩色時の確認用ムービーの役割は果たせます。
(PCの方は、埋め込み動画上で右クリック→[ループ再生]を選択すれば、ループできます。)

 

彩色委託

この状態から彩色協力のせみまる君に協力を仰ぎます。

送るデータは上記のムービーに加え、カラーとラインのpngデータです。

彩色行き素材_カラー 彩色行き素材_ライン

カラーのほうは、1枚目だけ塗っておいて、同じ色で、とお願いをしてあります。また、色はAEで調整をするので、すべて仮の色で、基本的には全編統一色です。

 

彩色作業後、せみまる君からは、clipデータで戻ってくることになっています。

彩色上がりのクリスタ画面

このように塗られています。彩色も前後を確認しながら塗れるので、おそらく以前より楽だったと思います。ちなみに、僕はクリスタのexですが、せみまる君はproでした。それでも、この手順であれば、問題なくやりとりができます。セルの枚数が24枚を超えるとひと手間必要になってしまいますが、今回の作品ではあまり超えることがなかったので、対応が必要になるほどでもなかったと思います(せみまる君のほうで何かしら手を打ってくれてたかもしれません)。

いずれにせよ、この状態からカラー素材だけ、元のclipデータに戻せば、彩色作業が終了したことになります。そこから、彩色チェックをしつつ、気になるところがあれば、手を入れながら、仕上げていきます。

彩色済みgif

最終的なものが、こんな感じです。この状態からでも、気になるところがあれば、すぐに作画から直せる、という点が、大変重要です。

あとはこれを再び出力して、元の素材のパスに上書きしておけば、最新状態に更新できます。色調整など細かい部分を詰めれば、完成です。

実際には、何度かAEに読み込んだり、ムービーを書き出したりしては、気になる部分を直したりします。それでも、ちょっと直して出力し直せばすぐに再チェックが可能です。ここの行き来の近さこそが、僕が目指した「簡単さ」でした。

次回は先ほど少し触れたように、AEの自作スクリプトを紹介しようと思います。sheetRemap以外にも、素人なりに作ったスクリプトを活用していました。至らない部分もなくはないのですが、それでも個人用で持ってると役に立ったりするので。アイデアだけでも参考にしていただければと思います。

つづく

 

 

-イージー・アニメ・ライフ
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

EAL: 第3回「コンテでまかなうプレゼン資料」

  動画コンテを作り終えた後は、音楽の清水くんや声優さんなど、音関連の方々に協力を依頼するメールを送りました。 今回はその際に同封した企画書や、その後作成した資料を振り返ります。 数が少なく …

EAL: 第6回「描かずに動かすAEワーク」

  今回はAEを利用して、作画の負担を軽減した箇所を中心に振り返っていきたいと思います。 まずは、メイキングの動画として一本にまとめました。 こちらをもとに、振り返っていきたいと思います。 …

EAL: 第1回「一人で作れば、アニメは簡単」

今日から『イージー・アニメ・ライフ』という連載のブログを始めます。今年7月に完成した『滞留して沈黙』の制作レポートです。本日youtubeに本編をアップしたので、よかったら観てください。 改めて『滞留 …

EAL: 最終回「楽しまなくてはいかんのか」

  今回改めて自主制作を作っていて、しばしば言われたのが「好きなものを作れて、楽しいでしょう?」ということでした。 楽しい時がないとは言いません。でも僕の場合は、年に1、2回くらいです。後の …

EAL: 第2回「1カット目から描けばいい」

  第2回ですが、今回はコンテについて資料と共にまとめていきたいと思います。 絵コンテ 今作を作る上で、一番初めに描いたのは、絵コンテの1カット目です。 前回ワークフローで説明した通り、タイ …



こちらは、CGアニメーターであり、オリジナルコンテンツのアニメーション制作も行っている坂野友軌が活動報告をしているサイトです。近況はTwitterにて。

follow us in feedly