EAL: 第7回「プレミアで足せるアニメボールド表示」 | 坂野友軌 [BANNO Yuki]_web

EAL: 第7回「プレミアで足せるアニメボールド表示」

投稿日:

 

今回はプレミア(Adobe Premiere)での編集作業を振り返ります。

基本的には、シーケンスに動画コンテを読み込んでおいて、できあがったカットから差し込んでいくだけですが、ここで取り上げるのは、音響のミックス作業も関わってくる終盤での話です。

AEからムービーを書き出す時、ボールドは消しておいていい

当たり前のようにも聞こえますが、アニメ制作の場合、音関係の人たちとやりとりをする際に、タイムコードより、カットナンバ―やカット内のフレーム数で意思疎通を図れたほうが圧倒的に楽です。音響用のデータを出すまでは本撮でもボールドを表示したままで、後からボールド抜きのムービーを出力し直すことも、わりと真剣に考えました。音響用のデータを出力する時点で100カット以上が一旦の本撮を終えていましたが、それを出力し直すとなると、膨大な時間がかかります。

ボールドとは赤丸で囲ったものがボールド(途中まで使ってたもの)。カットナンバーやカットの尺、カット内でのフレーム数が記してあります。中央下部の青枠で囲ったものが、タイムコード。

 

実際はそのようなことはしませんでしたが、プレミアのエフェクトを使えば、この問題がすぐに解消できることを後から知りました。

 

プレミアでボールドを足す方法

とりあえず調整トラックを足して、ボールド用のクリアビデオを配置

 

「クリップ名」と「タイムコード」のエフェクトを足します。プレミア内、ボールド追加用エフェクト

 

すると、プレミア上でこのような表示を追加できます。プレミアでのボールド表示_001

実際には、クリップ名(デフォルトではファイル名)とそのファイルの使用フレームが表示されている状態です。どんなプロジェクトでも、ファイル名にはカットナンバー(上記だと、110と111)が入っているはずなので、これで互いにやり取りができます。
参照するトラックを切り替えて、mainとsubに分けることで、オーバーラップにも対応しています。

 

普通のシーンでは、mainにしかクリップが入っていないので、こうなります。プレミアでのボールド表示_002

 

所々入る黒画面は、カラーマットを一旦シーケンスに読み込んで尺を持った状態で本編シーケンスに読み込んでいます。黒画面ボールドの準備_001

黒画面ボールドの準備_002

 

こうすれば、黒画面も、場面ごとにフレーム数を確認できます。黒画面ボールド

 

これによって、音響作業が終わるまでは、ボールドを残しておいて、最後の書き出しの時だけ非表示にする、ということができます。完パケ後に英語字幕を作成してもらった際にも、再度ボールドを表示し直せたので、大変役立ちました。

カッティング、ダビング、本番、とテイクを重ねて作業していくプロの現場であれば、気にすることもないですが、1カットずつ一人で作っていくような場合、このようなシステムは重要になってきます。知っているだけで時簡短縮につながることなので、こういった部分こそ抜かりなくやっていきたいものです。

 

さて、2ヶ月ほどやってきましたが、次回で最終回です。
第1回から今日までの内容は、今年の6月あたりに記しておいたものを、少し整えて公開する方式だったのですが、次回分は、まだ書いていません。先ほどタイトルだけ決めた程度です。
制作プロセスは一通り追えたので、今回の制作の総括のような内容になると思います。

飾らず力まず、できるだけ誰のことも煽らない内容にできればいいなと思っています。

 

 

-イージー・アニメ・ライフ
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

EAL: 第3回「コンテでまかなうプレゼン資料」

  動画コンテを作り終えた後は、音楽の清水くんや声優さんなど、音関連の方々に協力を依頼するメールを送りました。 今回はその際に同封した企画書や、その後作成した資料を振り返ります。 数が少なく …

EAL: 第4回「スモール・アニメ制作」

  今回はいよいよアニメーション制作を振り返ります。 個人主体だからこその、シンプルで身軽な手順を模索しました。 仕事で覚えた分けない作法   こちらは、CGアニメーターの一般的な …

EAL: 最終回「楽しまなくてはいかんのか」

  今回改めて自主制作を作っていて、しばしば言われたのが「好きなものを作れて、楽しいでしょう?」ということでした。 楽しい時がないとは言いません。でも僕の場合は、年に1、2回くらいです。後の …

EAL: 第1回「一人で作れば、アニメは簡単」

今日から『イージー・アニメ・ライフ』という連載のブログを始めます。今年7月に完成した『滞留して沈黙』の制作レポートです。本日youtubeに本編をアップしたので、よかったら観てください。 改めて『滞留 …

EAL: 第5回「僕の考えたアニメAEスクリプト集」

  今回は『滞留して沈黙』を作る上で自作したAEスクリプトをいくつか載せます。 すべて、GitHubにて公開しているので、ご自由にお使いください。 ・https://github.com/b …



こちらは、CGアニメーターであり、オリジナルコンテンツのアニメーション制作も行っている坂野友軌が活動報告をしているサイトです。近況はTwitterにて。

follow us in feedly