EAL: 最終回「楽しまなくてはいかんのか」 | 坂野友軌 [BANNO Yuki]_web

EAL: 最終回「楽しまなくてはいかんのか」

投稿日:2018年12月8日

 

今回改めて自主制作を作っていて、しばしば言われたのが「好きなものを作れて、楽しいでしょう?」ということでした。
楽しい時がないとは言いません。でも僕の場合は、年に1、2回くらいです。後の時間はだいたい「めんどいなぁ」か「しんどいなぁ」です。

また、「熱意のある人」とか、「作る衝動を抑えきれなかった人」というようにご紹介いただく時もありましたが、これも違います。
決意は熱くも大きくもなく、必要を感じる以上、やらざるを得ないだけです。

ではなぜ作るのか。

「作ることでしか歩めない一歩があるから」です。
今までも、作ることで一歩ずつ歩いて来ました。前の一歩で得た速度がゼロに近づき、「このままこんな日々が続けばいいなぁ」と思えないなら、また一歩あゆむしかないのです。
その中で楽しい時間があれば儲けものですが、そもそも楽しいか否かをあまり考えていません。

「やりたい」とか、「楽しい」より、もっと切迫した問題があるのです。

 

 

と、ここまで書きましたが、作中を振り返ると、その姿勢もいかがなものかと思ってしまいます。

弓永「楽しかったよ」 亀井「仕事のほうは、楽しい?」 弓永「楽しかったのかもしれない」 亀井「楽しかった?」

楽しいかどうかを気にできる時間は、それだけで満たされた気持ちになります。それを誰かと分かち合いたくて、僕はこの作品を作り始めたはずです。
作ることに苦労はつきもので、楽しくない時間があるのも当然ですが、自分の気持ちだけは、置き去りにしないであげてください。

 

 

最初に楽だと言っておきながら、最終的にはやっぱりつらい、という結論になってしまいました。ただ、自主制作を作っていて、つらい、という時間は、自分主導であればあるほど、誰とも共有できないものです。まずはその気持ちの存在を自分自身で認め、可能であれば、誰かに相談してみてください。僕自身、それでだいぶ救われました。そういう関係を築いていければ、生きること自体も、少しは楽になるかもしれません。

イージー・アニメ・ライフ、これにて終了です。最終回あまりに短いので、下に亀井が弓永を黙って見つめるカットを並べておきます。どちらかというと、こういう願望のほうが強いのだな、と今回初めて気づきました。
また、『滞留して沈黙』に関する広報活動もろもろも、自発的なものはこれですべて終了です。コンペに引っかかれば何かあるかもしれませんが、期待はしないほうがよろしいかと思います。
このレポートを最後までご覧いただいた方、『滞留して沈黙』ならびに僕自身をこの1年応援してくださった方、誠にありがとうございました。

弓永を見つめる亀井、その1 弓永を見つめる亀井、その2 弓永を見つめる亀井、その3

 

-イージー・アニメ・ライフ
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

EAL: 第1回「一人で作れば、アニメは簡単」

今日から『イージー・アニメ・ライフ』という連載のブログを始めます。今年7月に完成した『滞留して沈黙』の制作レポートです。本日youtubeに本編をアップしたので、よかったら観てください。 改めて『滞留 …

EAL: 第7回「プレミアで足せるアニメボールド表示」

  今回はプレミア(Adobe Premiere)での編集作業を振り返ります。 基本的には、シーケンスに動画コンテを読み込んでおいて、できあがったカットから差し込んでいくだけですが、ここで取 …

EAL: 第3回「コンテでまかなうプレゼン資料」

  動画コンテを作り終えた後は、音楽の清水くんや声優さんなど、音関連の方々に協力を依頼するメールを送りました。 今回はその際に同封した企画書や、その後作成した資料を振り返ります。 数が少なく …

EAL: 第6回「描かずに動かすAEワーク」

  今回はAEを利用して、作画の負担を軽減した箇所を中心に振り返っていきたいと思います。 まずは、メイキングの動画として一本にまとめました。 こちらをもとに、振り返っていきたいと思います。 …

EAL: 第2回「1カット目から描けばいい」

  第2回ですが、今回はコンテについて資料と共にまとめていきたいと思います。 絵コンテ 今作を作る上で、一番初めに描いたのは、絵コンテの1カット目です。 前回ワークフローで説明した通り、タイ …



こちらは、CGアニメーターであり、オリジナルコンテンツのアニメーション制作も行っている坂野友軌が活動報告をしているサイトです。近況はTwitterにて。

follow us in feedly